市公の思考

元不登校の高卒地方公務員が至高を求めて試行錯誤していくサイト

心と人間関係など

ウサギとカメ、アリとキリギリスの生き方その3~あなたと私は違う人~

投稿日:

こんにちは!キシアコです。
前回の記事では、怒りの正体について説明をしました。
決して怒りそのものが悪いわけではないですが、その感情に振り回されて辛い、周りにイライラするのを何とかしたい、という方。
怒りとの付き合い方について、私の対処法を書いてみたいと思います。

対処法ステップ1 変えられるところを考える

ここでもう一度、怒りがおこるメカニズムについておさらいです。

  1. 自分の中に「〇〇すべき(表現は色々あります)」という常識が形成される
  2. 自分の常識に当てはまらない事象が起こる
  3. 事象に対して、ネガティブな感情が沸く
  4. ネガティブな感情を覆い隠すように、対象に怒りを感じる

例えば。
あなたは、家族に「のどが渇いたからコップにお水を入れてほしい」と頼みます。

  1. のどが渇いていると伝えたから、コップにいっぱいの水を入れてきてくれるだろうとあなたは思いました。
  2. 家族が持ってきたのは、コップに半分ほどの水でした。
  3. あなたは、のどが渇いているって伝えたのに。と残念に思いました。
  4. なんで私の希望を汲みとってくれないの!?と家族に怒りを感じました。

ちょっと強引ですが、例えた事象をメカニズムに沿って細分化してみました。
このうち、2の事実については自分で変えることができません。
そうなれは、必然的に1.3.4のいずれかの段階に対して対処することになります。

さて、あなたはどこにアプローチするのが良いでしょうか。

対処法ステップ2 どこに問題を感じているのか考える

さて、アプローチ先の考え方ですが。
結論から言いますと、1.を変えるのが一番許容範囲が広くなります。
ただ、残念ながらここを変えるためには、ずいぶんと時間がかかるため、少しずつ段階を踏んでいきましょう。

4.怒りを感じたとき

何回も言いますが、そもそも怒りを感じること自体は悪いことではありません。
怒りを外に表して、誰かを傷つける、冷静さを失った判断をしてしまう、といった自分の行動に問題を感じているのではないでしょうか。

そんな時は、少し落ち着く方法を考えましょう。
人は6秒間耐えると、怒りを制御しやすくなるとのこと。
深呼吸をする、場所を変えるなど、ちょっと意識を外にずらします。
良い匂いや肌触りの良いものを触るなど、五感で感じられるものも有効かもしれません。
DVのカウンセリングで、イラっとした時に割り箸を折るように、という方法も聞いたことがあります。
まずは瞬間的な怒りを乗り越えてみてください。

3.ネガティブな感情が沸いたとき

少し落ち着いたら、怒りの奥にある感情を探ってみましょう。
悲しかったですか?寂しかったですか?
そして、どうしてそう感じたのですか?
起こった事象の、どの部分に対して、引っ掛かりを感じたのでしょうか。

コツは、インタビューをしているつもりで自分に問いかけてみることです。
沸いた感情にジャッジをせず、なぜ?どうして?を繰りかえす。
やっていくうちに、少しずつ感情の根っこにある自分の思い込みに気が付くと思います。

また、わからないことに無理やり答えを出そうとしないようにしてください。
本質ではなく、自分に都合の良い、つじつま合わせのような結論が出てしまいます。
原因がわからなければ、その時はわかるところまででストップしてくださいね。

1.自分の中の常識に気が付いたとき

さあ、ようやく根っこが見えました。
どうしてその感情が沸いたのか、その理由です。

自分のことを大切に思っているのなら、〇〇してくれるのが当たり前だと思っていた。
社会人として、〇〇するのが当たり前だと思っていた。

私は〇〇だと思っている、だからあなたも〇〇であるべき…
と、もしかすると無自覚にそう考えているのかもしれません。

あなたにはあなたの常識があるように、相手にも相手の常識があります。
私は〇〇と思っているけど、あなたは同じかもしれないし、違うかもしれない。
どちらも間違っていません。
ただ、育ってきた環境が違うから、形成された常識が異なるだけです。
違いがあることを受け入れてみましょう。

ちなみに、相手の常識に迎合するのとは違います。
相手の常識をそのまま受け入れるのではなく、違いがあることを認めるだけです。
(あ、それいいな、と思ったら採用してもいいですけどね。)

対処法ステップ3 伝え方を変えてみる

1.3.4.の段階で、自分自身を変えてみる方法をお伝えしました。
2.の事象につきましては、起こったことは変えられません。
ただし、自分の行動に対してこれから起こる事象については、ある程度は希望するかたちにすることができます。

お互いの常識に違いがあることを認めることができたら、自分の意図を正確に伝えることを意識してみましょう。
一つの言葉でも、使っている人の思い込みが入ることがありますね。
えぇ、私がさっきから使っている「少し」や「ちょっと」、人によって裁量が異なると思いませんか?
(↑の「さっき」もそうですね。)

人に伝えるときは、具体的な言葉を使うと効果的です。
「コップ八分目くらい」「のどが渇いているから、大きいコップに入れて」
いくらお互いの常識が違うとはいえ、共通した認識があるはずです。
共通している認識から、自分の状況を説明しましょう。

そして、相手に察してもらうことをやめましょう。
自分は〇〇な時にこういう風に扱ってほしい。〇〇されると嬉しい、と相手に伝えます。
自分の常識を、相手に知ってもらうのです。

そして、その後の結果については問わない。
思っていた反応が返ってこなかったら、また違う伝え方を研究しましょう。

●  ●  ●

いかがでしたでしょうか。
同じ人間であるがために、同じ日本人であるがために、はたまた同じ屋根の下で暮らしているがために。
私たちは、相手も自分と同じだという錯覚を覚えてしまいます。
あなたと私は違う人。
その認識がある中で、お互いの意図が伝え合えて、お互いが納得する結果が得られたのなら。
とても素敵なことではないでしょうか。
ウサギとカメ、アリとキリギリスは、きっと本当は手を取り合って生きていけるのだと思います。

-心と人間関係など

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

女性として生きるということの理不尽さ~他人軸では幸せを感じられない~

こんにちは!キシアコです。 1972年に男女雇用機会均等法(当時は勤労婦人福祉法)が制定・施行されて以降、近年ではジェンダーギャップの解消が叫ばれ、女性が活躍できる社会をと、各方面で取り組みがなされて …

no image

ウサギとカメ、アリとキリギリスの生き方その2~あなた、擬態してませんか?~

こんにちは!キシアコです。 前回の記事で、どのタイプでも素敵ですよ、という話をしました。 お互いが認め合い、助け合って生きていきましょう、という内容でしたね。 実際どうでしょう? ご自身の周りにウサギ …

no image

自分をさらけだそうと思った理由について

こんにちは!キシアコです。 3回にわたって、私の昔話をしました。 人の苦労話って、聞いても大して面白いものではないのですが、それでも書いたのは理由があります。 ひとつ目は、自分をさらけ出して自分と向き …

no image

ウサギとカメ、アリとキリギリスの生き方番外編~主体性を持つということ~

こんにちは!キシアコです。 アリとキリギリスの生き方シリーズ、その1・その2・その3でひとまず終了させようと思っていたのですが、宿題を残しておりました。 その2の最後でお伝えしました、アリに擬態してい …

某自治体公務員。

小6から中3にかけて不登校を経験し、底辺高校を経て地方公務員へ。

こじらせた人間関係をバネに、コミュニケーションや心理学を学び、現在は所属とは別に業務改善などの活動をしています。

社会復帰の道筋や働く中での自分の在り方、楽しく生きられる方法などを発信中。

エニアグラムはタイプ6、
MBTIはENFP。